出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

アマ 演劇 パフォーマンス

サミュエル・ベケット「芝居」フェスティバル参加作品 双身機関「芝居」

05/01 演劇 パフォーマンス

サミュエル・ベケット「芝居」フェスティバル

公演日
2016年05月01日(日)
14時00分開演
※受付は開演の1時間前、開場は30分前となります
会場

東京都荒川区 東日暮里

d-倉庫


料金
前売り / 一般 2500円・学生 2200円 当日 / 一般 2800円・学生 2500円
ご案内
ブレヒト,イヨネスコ,アラバール,寺山修司,サルトル…現代の著名な劇作家の作品を一本取り上げて,その戯曲だけを連続で上演する「現代劇作家シリーズ」第6弾。今回は不条理演劇の第一人者として知られるサミュエル・ベケットの戯曲『芝居』をセレクト。3人の男女が繰り広げる不条理の世界に何を見出すのか!?演劇・ダンス・パフォーマンスなどジャンルをも超え,東京・名古屋・台灣の国内外から集まった全8団体がベケットに挑む!

※8団体連続、1公演につき2団体の上演となります。
双身機関は台湾から来日するTAL演劇実験室との競演となります。

「芝居」(1964年)は、不条理演劇を代表するフランスの劇作家・サミュエル・ベケットの代表作のひとつ。真っ暗な舞台に3つの巨大な壺があり、そこから3人の人物の首が出ている。3人(男・女1・女2)はスポットライトが当たるたびに、3人の
間で起こった色恋沙汰を語っていく。そこに「真実」があるかどうかは誰も判らず、ただただひたすらに・・・終わることなく3人は喋りつづける。
ホームページ
http://soushinkikan.org/
主催
主催.....die pratze 共催.....d-倉庫