出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック

クトロヴァッツ コンサート町田公演

09/22 クラシック

ウィーンが生んだ  世界最高のピアノデュオ  2台で紡ぐ華麗なハーモニー

09/22 クラシック

ピアノデュオ・クトロヴァッツ(兄ヨハネス・弟エドワード)

公演日
2018年09月22日(土)
【開演】15時00分 【開場】14時30分
会場

東京都町田市

町田市民ホール


料金
全席指定席:大人 ¥3,500(¥4,000)    学生 ¥3,000(¥3,500)
子ども/シニア
*未就学児入場不可。
ご案内
<予定演奏曲目:2台ピアノ>
1 モーツアルト(グリーグ編曲2台ピアノ版)
  ピアノソナタ K545
2 リスト 交響詩「オルフェウス」
3 ショスタコーヴィチ 2台ピアノのための協奏曲op 94
                ―休憩―
4 ガーシュウイン「アイガットリズム」変奏曲
5 ブルーベック(E・クトロバッツ編曲)2台ピアノの作品集
- Fast Life         ファスト・ライフ
- Three To Get Ready     スリー・トゥー・ゲット・レディ
- Castilian Blues       カストリィアン・ブルース
- In Your Own Sweet Way   イン・ユア・オウン・スゥイート・ウエイ
- Take Five (Paul Desmond)  テイク・ファイブ
- Summer Song       サマー・ソング
- The Duke         ザ・デューク
- Blue Rondo A La Turk    ブルー・ロンド・アラトゥルク

<クトロヴァッツ 兄弟の紹介>
1986年、イタリアのストレサ国際コンクール、ピアノデュオ部門で第1位を獲得したのが国際コンクールにおける初の受賞。その後も、ブルゲンランド州芸術賞や、テーオドーア・ケリー財団賞など数々の賞や勲章を得ている。ヨハネス・クトロヴァッツは1992年、グラーツで開催された国際シューベルト・コンクールでも賞を獲得し、ベーゼンドルファーから奨学を受けた。
エドワードとヨハネス・クトロヴァッツは、オーストリア、ブルゲンランド州のシュライニング城を会場とする国際音楽祭"klangfruehling"(春の響き)を創設し、その芸術監督を務めている。また、ヨハネス・クトロヴァッツは2007年から山中湖国際音楽祭"klangsommer"(夏の響き)の芸術監督に在任中である。2009年、2人はオーストリア、ブルゲンランド州ライディングのリスト・フェスティバルの音楽監督に就任した。
2人は現在、ウィーン国立音楽大学で教鞭をとっている。


ピアノデュオ・クトロヴァッツ(兄ヨハネス・弟エドワード)は、世界で最も成功したピアノデュオの一つ。1986年、イタリアのストレサ国際コンクール(ピアノデュオ)部門で第1位を獲得して以来、各国の著名なホールや音楽祭で演奏を重ね、日本でも1995年以来120回を越える公演を成功させてきました。

 クトロヴァッツ兄弟は、2011年に生誕200周年を迎えたフランツ・リストとつながりが深く、リストの生誕ライディング(オーストリア)で年4年開催される「リストフェスティバル」の音楽監督としても活躍中。2011年3月3日には、世界屈指のサントリーホールでリストイヤーを記念したコンサートを行い、満席の聴衆から惜しみない拍手を受けました。また、2006年には「さくら」「赤とんぼ」などの日本曲を集めたCD「Love for Japan」をリリースして大の親日家です。
 町田市民ホールでの公演は3回目となります。
ホームページ
http://j-expert.jp/concert/main.html
主催
主催:クトロヴァッツ コンサート町田実行委員会(代表 吉田つとむ)