出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ 舞台 演劇

アンナ・クリスティ(栗山民也×篠原涼子×佐藤隆太):7/13~7/16

07/16 舞台 演劇

アンナ・クリスティ(栗山民也×篠原涼子×佐藤隆太)

舞台『Anna Christie』栗山民也×篠原涼子×佐藤隆太でついに日本初演!

公演日
2018年07月16日(月)
【開演】13時00分
7/13-19:00、7/14-13:00、7/15-13:00・17:30、7/16-13:00
会場

東京都千代田区

よみうり大手町ホール


料金
9800円(全席指定・税込)
ご案内
ロンドン・ウエストエンドで全公演ソールドアウトを記録!
栗山民也×篠原涼子×佐藤隆太でついに日本初演!

1920年代、アメリカの近代演劇を築き上げた劇作家、ノーベル賞作家のユージン・オニール。
「アンナ・クリスティ」は1921年に書かれたオニールの初期作品で、ピューリッツァー賞を受賞した傑作戯曲。
1930年に米映画として公開され、ハリウッドの名女優グレタ・ガルボが主演したことで世界的名作としても知られている。

演出は、これまで『夜への長い旅路』『喪服の似合うエレクトラ』『氷屋来たる』と、オニール3作品もの演出を手がけ、いずれも高い評価を得ている栗山民也。

存在感と複雑な心理を表現豊かに演じるキャストと創りあげる、客席数480席の濃密な空間で、緊迫感あふれる舞台にご期待ください。

<ストーリー>
ニューヨーク市、サウス通り近くの酒場。年老いた船乗りクリス(たかお鷹)が、5歳のとき以来会っていない娘アンナ(篠原涼子)を農園の親戚に預けて幸せな生活を送っていると思っていたのだが、実は親戚から虐待を受け、転々としたのちに娼婦になりさがり、身も心も傷ついたアンナは父親のもとで回復したいと願っていたのだ。

娘が娼婦になっていた事に気づかないまま、クリスは自分の石炭船に乗せる。ある嵐の日、難破船から救ったアイルランド人の火夫マット(佐藤隆太)と恋に落ちる。

しかし、アンナの過去を打ち明けるとマットは失望し、アンナの許から去ってしまう。アンナに幸せは訪れないのだろうか・・・。


<キャスト>
アンナ・クリス トファーソン:篠原涼子
マット・バーク(火夫):佐藤隆太
クリス ・クリス トファーソン(アンナの父):たかお鷹
マーシ・オウエン:立石涼子
坊さん ジョニー:原 康義
ラリー (バー テンダバー テンダバー テンダ):福山康平
港湾労働者 /(汽船乗組員):俵 和也
ジョン ソ(荷船の水夫 荷船の水夫 荷船の水夫 )/港湾労働者:吉田健吾
ホームページ
http://hpot.jp/stage/anna2018
主催
ホリプロ