出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック 器楽

ボルトキエヴィチ生誕140周年記念コンサート

11/15 クラシック 器楽

チラシ表

11/15 クラシック 器楽

チラシ裏

公演日
2017年11月15日(水)
【開演】19時00分 【開場】18時30分
会場

東京都中央区銀座

ヤマハホール


料金
一般4000円、学生2000円(全席自由)
ご案内
~もう一人のラフマニノフ~
1877年に帝政ロシア・ハリコフで生まれた作曲家。ペテルブルグ音楽院やライプツィヒ音楽院で学んだのち、ベルリンを拠点に作曲家・ピアニストとしての活動を開始する。しかし彼は二度の大戦とロシア革命に翻弄される人生を送ることになる。
第一次大戦勃発後、彼はベルリンから強制退去を命じられハリコフに戻ったものの、数年後のロシア革命により彼は土地・財産を失い、トルコ経由でオーストリアに亡命した。しかしその生活の安定もナチスの台頭や第二次大戦勃発により終わる。特に大戦中は印税収入の源であった印刷済み楽譜を焼失したり自宅が爆撃されたりして経済的・精神的に苦しい日々を送った(後に友人に宛てて「死の危機を三度逃れた」と記している)。
戦後、彼はウィーン市立音楽院で定職を得て、さらに1947年にはボルトキエヴィチ協会が設立され、彼の作品は定期的に演奏されるようになった。1952年には彼の75歳を祝う大規模なコンサートがウィーン楽友協会ホールで開催され、彼の交響曲、ピアノ協奏曲などが演奏されたが、同年秋に75歳で病没した。

「ステキなものとの思いがけない出会い」は誰にとっても嬉しい喜びだろうと思う。ロシア音楽に興味を持ち、いろいろな作曲家の作品を聴いていく過程で出会ったボルトキエヴィチの音楽は、主催者の私にとってまさに思いがけない嬉しい出会いだった。
時として同じ作曲家の初期と後期の作品には大きな違いがあるが、彼の場合「後期ロマン派のスタイル」は一貫しており、最先端の音楽動向の影響をあえて受けずに、自身で開拓した音楽語法を究めていったように思われる。作品が持つ雰囲気は初期のスクリャービン、ラフマニノフなどと共通していて、多くの人たちに受け入れてもらえる素地があると思うが、私は彼らの音楽よりもボルトキエヴィチの音楽の方が多種多彩な印象を持っている。それは悲劇の連続だった彼の人生と無関係ではあるまい。
彼の音楽に深く共感しているピアニストがそれぞれの思いを込めて彼の作品を演奏する一夜・・・主催者自身がとてもワクワクしていることを正直に申し上げておきたい。
ホームページ
http://www.jk-arts.net/concert.html
主催
JK arts

上記公演のお問合せ

問合せフォーム

お名前
メールアドレス
誤入力防止のため同じアドレスを入力してください。 ・AOLのメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが届かないことがあります。別のメールアドレスをご利用ください。 ・yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが迷惑メールフォルダーに入ることがあります。受信トレイに届いていない場合は、こちらもご確認ください。 ・スマートフォンや携帯電話のメールアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.jpなど)でご登録される場合は、あらかじめ「beautifuldays.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いいたします。
お問合せ内容
300文字以内

上記でご入力頂いた情報を主催者/公演情報の登録者にお知らせします。
この後のやりとりは主催者/公演情報の登録者と直接お願いします。また、本サイトの利用規約もご確認ください。

不正利用を防止するため、下記の数字を入力して「問合せる」ボタンをクリック(タップ)してください。