出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック 器楽

村上巖 ピアノリサイタル

10/27 クラシック 器楽

※曲目は一部変更となっております

公演日
2017年10月27日(金)
【開演】19時00分 【開場】18時30分
会場

東京都墨田区

すみだトリフォニーホール 小ホール


料金
4000円(前売り3500円)、ペア券6000円、シニア(65歳以上)3000円、障害者手帳提示の方2000円
ご案内
【曲目】(予定)
ラフマニノフ「ピアノソナタ第2番変ロ短調」 作品36
ラヴェル「鏡」(全曲)
ショパン「バラード」
第1番ト短調 作品23
第2番へ長調 作品38
第3番変イ長調 作品47
第4番へ短調 作品52


村上 巖 (Iwao MURAKAMI) プロフィール
千葉県にて生まれ、3歳よりピアノを始める。
全日本学生音楽コンクール(ピアノ小学生の部)において全国第1位。
東京芸術大学附属高校から同大学へ進学。仏政府給費生として渡仏。
パリ国立高等音楽院にてプルミエ・プリ(1等賞)を得て首席で卒業。
また、文化庁給費生としてベルリン芸術大学大学院にて研修。
長島寛行、高良芳枝、安川加壽子、植田克己、パスカル・ドゥヴァイヨン、イザベル・ドュビュイの諸氏に師事。
また室内音楽をクリスチャン・イヴァルディ、マリー・フランソワーズ・ブーケの諸氏に師事。ソルフェージュ、和声学、作曲を佐々木邦雄氏に師事。
1992年、第61回日本音楽コンクールにて第2位、井口賞、河合賞を、
マリア・カナルス国際音楽コンクールにて奨励賞、
第46回ブゾーニ国際音楽コンクールにて第2位、聴衆賞、
パロマ・オシェア国際音楽コンクールにて奨励賞、
1995年安宅賞を受賞。
2005年、東京芸術大学非常勤講師に就任。退任前後から日本各地でリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽歌曲伴奏などに出演。
2009年、ピアニスト佐藤文雄氏とのデュオで、メシアンの「アーメンの幻影」他のリサイタルを開催。
2010年、白井市民音楽祭に出演。
日本ソルフェージュ研究協議会正会員。
CD:ソロアルバム「プーランク ピアノ曲集」(TKCA-10328)、ヴァイオリニスト江口有香とのデュオ「ツィゴイネルな世界」(TKCA-10303)「エイトル・ヴィラ=ロボス ヴァイオリン・ソナタ集」(TKCA-10304)をドイツ・シャルプラッテン/徳間ジャパンよりリリース。
ホームページ
https://www.facebook.com/iwaomurakamipiano/
主催