出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック 演劇

劇団民藝公演『33の変奏曲』

公演日
2017年09月27日(水)
【開演】18時30分 【開場】18時00分
会場

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館7F

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA


料金
夜チケット:4,200円、U25(25歳以下):3,150円
子ども/シニア
土日に限り無料託児所あり。バリアフリー割引あり。詳細は劇団ウェブサイトを参照。
ご案内
樫山文枝主演、ベートーヴェン晩年の「ディアベリ変奏曲」作曲の謎に迫る演劇公演!
全編でピアニストによる演奏が物語を彩ります。

「凡庸なワルツから33もの変奏曲を生み出したベートーベン、その謎を追いかける現代の学者キャサリン、時空を超えて二つの人生が交錯し響き合う。」
全編をピアノの調べにのせて、現在と過去を行き来しながら、さまざまな人間模様をユーモラスかつ重厚に描き出します。

【あらすじ】現代のニューヨーク。音楽理論学者キャサリンは、難病に侵されながら研究を続けている。ディアベリという楽譜出版者の作った凡庸なワルツ曲を元に、ベートーベンは33もの変奏曲を作った、その謎を追うためである。一方1819年のウィーン。やはり病に冒されたベートーベンがその変奏曲を作り始めている。最初は拒んでいたこの仕事にすっかり心を奪われてしまったのだ。その理由は秘書のシントラーにも理解できない。ドイツに渡ったキャサリンはベートーベン・ハウス資料室の司書ゲルティ、娘クララ、看護師マイクの助けを借りながら研究を続ける。しかし病気は徐々に進行し、やがて動くこともかなわなくなった彼女の前にベートーベンが姿を現す…

【スタッフ】
作=モイゼス・カウフマン、訳・演出=丹野郁弓

【キャスト】
キャサリン・ブラント博士(音楽理論学者)……樫山文枝
クララ・ブラント(その娘)……桜井明美
マイク・クラーク(看護師)……大中耀洋
ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン(作曲家)……西川 明
アントン・ディアベリ(楽譜出版者)……小杉勇二
ゲルトルード・ラーデンブルガー博士(資料館司書)……船坂博子
アントン・シントラー(ベートーベンの秘書)……みやざこ夏穂

ピアノ演奏……猪野麻梨子
ホームページ
http://www.gekidanmingei.co.jp/
主催
主催:劇団民藝

感想スタンプをつける

メッセージも送れます。

上記公演のお問合せ

問合せフォーム

お名前
メールアドレス
誤入力防止のため同じアドレスを入力してください。 ・AOLのメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが届かないことがあります。別のメールアドレスをご利用ください。 ・yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが迷惑メールフォルダーに入ることがあります。受信トレイに届いていない場合は、こちらもご確認ください。 ・スマートフォンや携帯電話のメールアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.jpなど)でご登録される場合は、あらかじめ「beautifuldays.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いいたします。
お問合せ内容
300文字以内

上記でご入力頂いた情報を主催者/公演情報の登録者にお知らせします。
この後のやりとりは主催者/公演情報の登録者と直接お願いします。また、本サイトの利用規約もご確認ください。

不正利用を防止するため、下記の数字を入力して「問合せる」ボタンをクリック(タップ)してください。