出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

アマ オーケストラ

フィルハーモニカー・ウィーン・名古屋(PWN)第7回演奏会

公演日
2016年11月05日(土)
【開演】13時30分 【開場】12時45分
会場

岐阜県羽島市

不二羽島文化センター(旧羽島市文化センター)スカイホール


料金
全席自由1,000円
ご案内
【指揮】
アントン・ミッターマイヤー  Anton Mittermayr
(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ティンパニ奏者/フィル・ブレッヒ・ウィーン音楽監督) 

【曲目】
シューベルト/交響曲第8番ハ長調D944「ザ・グレイト」
モーツァルト/交響曲第35番二長調KV385「ハフナー」
ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲    

【指揮者紹介】アントン・ミッターマイヤー
1970年、ザルツブルク近郊のオーベルンドルフ生まれ 。1982年にピアノを、1986年にオルガンを始め、1988年に初めてリンツの音楽学校でA.シュタインドルから打楽器の指導を受ける。ウィーン国立音楽大学では音楽教育および楽器指導を専攻するとともに、H.ベルガー、K.プシホダ両教授の元で打楽器演奏を始め、在学中からオーストリアのさまざまなオーケストラでエキストラとして演奏経験を積む。1996年9月にウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィル首席ティンパニ奏者、1999年にウィーン・フィルハーモニー協会会員となる。2005年以来ホーフムジークカペレのソロ・ティンパニ奏者。2002年からウィーン国立音楽大学で教鞭をとる一方、2003年にウィーン式ティンパニの製作会社を立ち上げた。2012年からはウィーン・コンセルヴァトリウムでも打楽器クラスを持ち、ウィーン国立音楽大学主任講師となる。2012年から金管アンサンブルのフィル・ブレッヒ・ウィーン音楽監督。

【楽団紹介】
2011年3月に、ウィーン式管楽器をこよなく愛する中京地区のアマチュア・オーケストラのメンバーを中心に設立され、ウィーンの響きや音楽性を理想とした演奏活動を行っている。現在、管・打楽器は団員全員が世界最高峰とされるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と同一の独特な型式のものを使用しており、その美しい響きを追求するオーケストラは、プロ・アマ通じて日本で唯一のものだ。中でもティンパニは、アントン・ミッターマイヤー氏の製作による「マーラー・モデル」で、これはマーラー自身が開発にも携わり、山羊皮と手回しのチューニングキーを使用した、いまなおウィーン・フィルの響きの鍵のひとつを握っていると言っても過言ではない楽器である。団員は10代から70代まで日本全国から幅広く集まっており、2012年12月にブルックナーの交響曲第9番をメインとする第1回演奏会を開催した。2013年8月のウィーン楽友協会黄金の間におけるベートーヴェン「荘厳ミサ曲」他の演奏会やヴァイオリン、ヴィオラやピアノの協奏曲4曲を集めた特別演奏会など積極的な活動を展開してきた。元ウィーン・フィルバストロンボーン奏者カール・ヤイトラー氏とはすでに2回、指揮者として共演いただく機会に恵まれているほか、来年以降も第2回目となるウィーン公演や3か年に亘るベートーヴェンツィクルスを開始するなど、意欲的な企画が目白押しである。

ホームページ
http://pwn.onushi.com/
主催
募集
当団のコンセプトに共感し、団員になって下さる仲間(特に弦楽器)を募集中。詳しくはホームページをご覧ください。

感想スタンプをつける

メッセージも送れます。