アンケートにご協力ください。プレゼントもあります!

出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

今日の作曲家

エティエンヌ・アンリ・メユール

06/24

エティエンヌ・アンリ・メユール

貧しい出自で、正式な音楽教育が受けられませんでした。しかし、オルガンの手ほどきを受けるとたちまち才覚を現し、10歳にして女子修道院のオルガニストに採用されました。
ヨアヒム・ラフ

06/24

ヨアヒム・ラフ

41歳で交響曲第1番がウィーン楽友協会のコンクールで第1位となりました。ラフが作曲家として大量の曲を作るのはこれからです。
カール・ライネッケ

06/23

カール・ライネッケ

メンデルスゾーン、シューマン、リストに師事し、リストの娘(後にワーグナーの妻となったコジマも)たちにピアノを教えます。
ダリウス・ミヨー

06/22

ダリウス・ミヨー

作品番号がつけられた曲だけでも443ある多作家です。ベートーヴェンを超えようと弦楽四重奏曲18曲、交響曲13曲を書いています。
ニコライ・リムスキー=コルサコフ

06/21

ニコライ・リムスキー=コルサコフ

音楽の勉強を始めたのが遅く、しかもバレキレフの個人教授以外、ほとんど独学状態でした。その上、海軍士官という任務に就いていたため、作曲に当てられるのは陸上にいるときだけ。
ジャック・オッフェンバック

06/20

ジャック・オッフェンバック

ドイツ・ケルン生まれのオッフェンバックは最初チェロを学ぶためにパリへ行き、最終的にフランスに帰化します。
ヴィットーリオ・モンティ

06/20

ヴィットーリオ・モンティ

「チャールダッシュ」1曲のみで知られる作曲家です。マンドリンのための曲を書いていたようで、「チャールダッシュ」ももとはマンドリン(またはヴァイオリン)のための作品です(!)。
セルゲイ・タネーエフ

06/19

セルゲイ・タネーエフ

モスクワ音楽院でチャイコフスキーに作曲を、ニコライ・ルビンシテインにピアノを学びます。詩が酷評したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のモスクワ初演をし、第2番の世界初演をしています。
イーゴリ・ストラヴィンスキー

06/17

イーゴリ・ストラヴィンスキー

父親がマリインスキー劇場のバス歌手で、法律を学ぶために大学に入学しますが、路線変更してリムスキー=コルサコフに師事します。
シャルル・グノー

06/17

シャルル・グノー

ピアニストの母親から最初の手ほどきを受け、パリ音楽院で学び、ローマ大賞を受賞しました。
モーリス・デュリュフレ

06/16

モーリス・デュリュフレ

プーランクのオルガン協奏曲の初演をするなど、卓越したオルガニストで、サンテティエンヌ・デュ・モン教会のオルガニストを務めるとともに、パリ音楽院で作曲科の助手をするなど、多忙な人でした。
ダーヴィト・ポッパー

06/16

ダーヴィト・ポッパー

オーストリア=ハンガリー二重帝国の時代にプラハで音楽教師の家庭に生まれました。プラハ音楽院でゴルターマンに師事しています。
フランツ・ダンツィ

06/15

フランツ・ダンツィ

木管五重奏曲が有名なので、管楽器が専門だと思っている人もいるでしょうが、実はチェロのヴィルトゥオーゾでした。
エドヴァルド・グリーグ

06/15

エドヴァルド・グリーグ

スコットランドからノルウェーに移民した末裔です。才能を認められて15歳でライプツィヒ音楽院に留学。さらにゲーゼに学ぶため、デンマークに行っています。
カルロス・チャペス

06/13

カルロス・チャペス

メキシコ出身の作曲家です。ラテンアメリカではブラジルのヴィラ=ロボス、アルゼンチンのヒナステラと並び、最も重要な作曲家の一人です。
アキッレ・シモネッティ

06/12

アキッレ・シモネッティ

イタリア・トリノ出身のヴァイオリニスト、作曲家です。イタリア各地で勉強し、パガニーニの孫弟子となりました。
エルネスト・ショーソン

06/10

エルネスト・ショーソン

ブルジョアの生まれであくせく働かなくてもよいショーソンは、サン=サーンスが発起人となって設立されたフランス国民音楽協会の書記長になります。
フレデリック・ディーリアス

06/10

フレデリック・ディーリアス

後半生はフランスに住み、そこでなくなっていますが、イギリス人の作曲家です。ドイツで人気を博し、イギリス人指揮者ビーチャムは積極的に取り上げました。
ヘンリク・ヴィエニャフスキ

06/10

ヘンリク・ヴィエニャフスキ

華麗で超絶技巧を要するヴァイオリンのための作品で知られています。ポーランド出身ですが9歳でパリ音楽院に入学します。
オットー・ニコライ

06/09

オットー・ニコライ

現在のウィーン・フィルを組織した人です。ニコライは宮廷歌劇場の楽長を務めていました。ウィーン・フィルは世界のオーケストラでもトップレベルの人気を誇っています。
カール・ニールセン

06/09

カール・ニールセン

デンマークのもっとも知られた作曲家です。北欧の作曲家では有名なシベリウスと同い年です。
山田耕筰

06/09

山田耕筰

日本でオーケストラを根付かせようと奮闘しました。東京音楽学校(現東京芸大)卒業後、ベルリンに留学してブルッフに師事します。
トマゾ・アルビノーニ

06/08

トマゾ・アルビノーニ

ネットで検索すると「アルビノーニのアダージョ」ばかりが出てきますが、これはアルビノーニの作ではありません。注意しましょう。
ロベルト・シューマン

06/08

ロベルト・シューマン

指の故障でピアニストをあきらめたシューマンは作曲家、音楽評論家として自立を目指します。当初はピアノ曲ばかりを作っていました。
エルヴィン・シュルホフ

06/08

エルヴィン・シュルホフ

プラハでドイツ系のユダヤ人の家庭に生まれました。10歳でプラハ音楽院に入学。まもなくウィーンに移り、ピアノの厳しいレッスンを受けました。
フランツ・クサーヴァー・グルーバー

06/07

フランツ・クサーヴァー・グルーバー

有名なクリスマス・キャロル「きよしこの夜」の作曲者です。オーストリアで小学校の教師や教会でオルガン奏者をしていました。
アラム・ハチャトゥリアン

06/06

アラム・ハチャトゥリアン

正式な音楽教育を受けるのが遅く、最初はモスクワのグネーシン音楽院で学びます。そしてモスクワ音楽院に入学するのが26歳です。
カール・マリア・フォン・ヴェーバー

06/05

カール・マリア・フォン・ヴェーバー

30歳でドレスデンの宮廷劇場の楽長に就任しました。ここはイタリア・オペラが盛んで(ウィーンも同じ)したが、ヴェーバーはドイツ・オペラを定着させました。
セルゲイ・クーセヴィツキー

06/04

セルゲイ・クーセヴィツキー

ロシアからアメリカに亡命し、長らくボストン交響楽団の常任指揮者を務めました。元々はコントラバスの名手として名を馳せていました。
ヨハン・シュトラウス2世

06/03

ヨハン・シュトラウス2世

ウィンナ・ワルツ王ですが、後半生にはオペレッタなど、舞台作品も手がけています。これはオッフェンバックの勧めによるようです。